1. ホーム
  2. お知らせ
  3. クリスマス 津軽三味線コンサート 浅野祥

クリスマス 津軽三味線コンサート 浅野祥

2021年10月1日

オープニング関連イベント

クリスマス 津軽三味線コンサート 浅野祥のチラシ

津軽三味線奏者・浅野祥が奏でるクリスマスコンサート。
民謡からタンゴ、ジャズにいたるまで、さまざまなジャンルの音楽に挑戦し、津軽三味線の世界観を広げてきた浅野祥が、ちょっと早めのクリスマスコンサートをともてらす早良でお届けします。

公演日

2021年12月11日(土曜日)
開演:14時 開場:13時30分
場所:ともてらす早良 多目的ホール

チケット料金

全席自由 3,000円
※小学校入学前のお子様の入場はご遠慮ください。

チケットお取り扱い

10月1日(金曜日)10時より販売開始

出演者プロフィール

写真:浅野 祥(あさの しょう)

浅野 祥(あさの しょう)
宮城県仙台市出身|1990年3月2日生まれ
仙台第一高等学校|慶應義塾大学卒業
祖父の影響により、3歳で和太鼓、5歳で津軽三味線を始める。
その後、三絃小田島流二代目小田島徳旺氏に師事。
7歳の時、青森県弘前市で開催される津軽三味線全国大会に最年少出場し、翌年から各級の最年少優勝記録を次々と塗り替える。 2004年津軽三味線全国大会、最高峰のA級で最年少優勝(当時14歳)。その後、3連覇を達成。殿堂入りを果たす。
2007年17歳でビクターエンターテインメントより「祥風」でメジャーデビュー。 以降、コンセルトへボウ(オランダ)、ケネディ・センター(アメリカ)でのコンサートをはじめ、アメリ力、ヨーロッパ、カナダ、アジア各国でもコンサートツアーを行うなど、海外に向けても積極的に発信する。
民謡、Classic、Rock、Jazz、Pops、フラメンコなどジャンルにとらわれない演奏スタイルにより、石川さゆり、山下洋輔、宮沢和史、早乙女太一など、様々なアーティストと共演する。
中学生時には元BOØWY・高橋まこと(ドラム)とバンドを組む。 自身のアルバムでは世界的なミュージシャンとの創作にも取り組み、ジャズ界の巨匠ウイル・リー(べース)や、同じくジャズ界の若きスタープレイヤー、マーカス・ギルモア(ドラム)、 2度グラミー賞に輝いたリチャード・ストルツマン(クラリネット)らとアルバム制作を行う。 このような国内外に向けて日本の伝統文化である津軽三味線の魅力を発信していく活動が認められ、令和元年より政府公式プログラム「beyond2020」の承認事業プログラムに正式決定した。

感染症対策にご協力ください

主催

福岡市早良南地域交流センター ともてらす早良

お問い合わせ

福岡市早良南地域交流センター ともてらす早良
電話番号:092-812-3312

お知らせ一覧に戻る

お問い合わせ CONTACT

〒814-0176 福岡市早良区四箇田団地9番1号 代表電話番号:092-812-3312 FAX:092-400-0086

開館時間/休館日

施設開館(2021年11月6日(土))までの間

10:00から17:00まで(受付窓口のみ)
〈休館日〉土・日・祝日

施設開館後

9:00から21:00まで(多目的ホールは22:00まで)
〈休館日〉毎月最終月曜日(休日のときは翌日)、及び年末年始(12/28〜1/3)

駐車場

8:30から22:00まで
(多目的ホールを22:00まで利用の場合は22:15まで)
早良体育館駐車場も利用できます。

早良南図書館

9:00から20:00まで
〈休館日〉毎月最終月曜日(休日のときは翌平日)、及び年末年始(12/28〜1/3)、図書特別整理期間(不定)

info@tomoterasusawara.jp

ページのトップへ